圧力鍋の特徴

圧力鍋ってすごいってのはなんとなくわかったけど・・・・果たしてどんなことをしているのかよくわからないって人もいるんじゃないでしょうか?

ふたを完全に閉じて加熱すると鍋の内側に圧力がかかります。そうすると100度以上の高温となり、圧力もたくさんかかることになります。そのため、あっという間に調理ができてしまうのです。
また、密閉して圧力をかけるので栄養素が逃げにくいのです。短時間で調理することで熱に弱いビタミンなどの栄養素が壊れにくい特徴もあります。

あとは、短時間で出来るので光熱費もカットできるので、家庭にも環境にも良いと言えるでしょう!

どうやって「加圧された」ってわかるの?と疑問なあなた。それは簡単です。圧力がかかると蓋のおもりがゆれて「しゅしゅっ」と蒸気をだします。すると蓋にある「ピン」があがるのでそこから加圧開始です。

圧力鍋によっては加圧のレベルを変えることができるそうですが、我が家のはそんな機能はないけど、立派に仕事してくれますよ!